サイトトップ > サイトマップまで放置

血圧対策に食事の見直しは必須!

血圧を下げる方法として、最も大きな方法が何かをご存知でしょうか。それは食事の工夫です。薄味を心がけることが出発地点となります。しかし、注意すべき点はそれ以外に多く存在します。その方法について紹介していきます。

 

 

まず、ソースや醤油の摂取量を下げることを考えた場合、それまでの濃い味つけと同じような満足感を如何にして得るかということは、ストレスを蓄積してしまわないためにも大切な要素となってきます。そこで、小皿に入れた醤油やソースに、食べ物を直接つけるという方法をご提案します。そうすれば上からかけたときよりも摂取量は少なくて済むかと思います。

 

また、おかずの中には濃い味付けのものが多くあります。やはり白米が進むから、というのが大きな理由なのでしょうか。それと、お酒を飲む際のおつまみにも、血圧の改善を心がける上では特に意識する必要があります。食事の改善に加え、高血圧対策用の健康食品を活用するのも効果的です。参考:血圧に効くサプリといえば?気になる第1位は?

 

少し想像してみていただけるとその理由もすぐ分かるかと思いますが、揚げ物、お刺身など、とにかく味の濃いものが多いのです。さらに、これらのものは食事とはまた別のタイミングで食べることなります。そのため、カロリーオーバーが懸念されます。

 

禁酒をしろ、というのではありません。しかし、それでもおつまみに関して言えば、野菜スティックなどを選ぶようにすると良いかと思います。野菜もまた、血圧を下げるためには必要な食べ物です。また、塩分を抑えた食事を考える時には、摂取するカロリーも同時に意識するようにしましょう。

 

カロリーについて学び、どの食材のカロリーが高いのか、はたまたどのような食材を選んだり調理をしたりすることで、肥満の予防にもつながります。肥満もまた高血圧の元ですので、カロリーについて考えることもまた大切になります。

 

特に、一日の総カロリーは、飲酒が好きな人の場合ですと、そうでない人と比較しても基準値を超えやすい傾向にあります。そのため、カロリーの摂取量に対する知識をしっかり持ち、適した対応をすることが重要です。慣れるまでは大変かと思います。それでも、健康的な身体になるため、血圧を下げる効果が期待できる食材などを活用し、食生活の改善に繋がれば良いのではないでしょうか。

 

血圧を下げたいならば禁酒も必須

 

 

血圧が上がりやすい人の中には、お酒を飲んでいる方も多くいます。とは言え、正しい量で飲んでいればそこまで意識する必要はないようです。ちなみに適量は、日本酒では1合、ビールでは500ml程度までとなります。

 

が、一旦飲み出すと制御が効かなくなるという方も多いようです。そのため、飲む前にはどこまで飲むのか、またそれを超えてしまいそうな気持ちであるのならば、そのときは飲まないようにすることをオススメします。

 

また、いま示した適量は成人男性を基準にしたものとなります。それに加え、適量はその日の体調にも左右されるため、その時々によって、気持ち少な目に設定るのが良いでしょう。それと、肥満体型の人は高血圧になりやすい傾向にあります。お酒はカロリーが高いですから、肥満にならない意味でも飲み過ぎには注意しましょう。

 

さらに気を付けるべきは、おつまみの存在です。元よりカロリーの高いお酒に加え、揚げ物などが多いおつまみを一緒に食べるとなると、食事とはまた別でカロリーを取りこむことになるわけですから、よく注意しなければなりません。

 

お酒は少量であれば血圧の値を下げる効果があります。しかし、これは「少量だけ」飲んだ場合に限ってのことなので、調子に乗って飲み過ぎることのないようにしましょう。また、「お酒は血圧を下げる飲み物」というように勘違いをしている方もいるようです。あくまでも、少量でなければむしろ逆効果であることを理解しておきましょう。

 

減塩などについても同じことが言えますが、いきなり飲む量を減らすことにストレスを感じてしまうという方は、少しずつ飲む量を減らしていくようにすると良いでしょう。また、同時に水を飲むとお酒を堪能しつつも飲む量を減らすことができます。こういった工夫を取り入れ、飲酒量を減らせるようにすることが、血圧を下げる上で大切になります。

 

 

 

肝臓の働きはコエンザイムQ10により良くなる?

年齢を重ねるにつれて、身体の健康面を心配する方は増えてきます。特にお酒などを飲む方は肝臓の状態などが気になるのではないでしょうか。症状が出てきたら危ないといわれる肝臓ですが、実はコエンザイムQ10にはこの肝臓の機能を高めるという効果も存在します。

 

本来、コエンザイムQ10というものは身体の中で作られていますが、食品やサプリメントで摂取することで肝臓により効果的になります。その理由として、食品やサプリメントの場合、取り入れる際に肝臓を通るので、直接的に吸収されます。

 

サプリはこちら⇒http://xn--vck8crc789tugj9tp1w0b8va.jp/

 

それによって、分解が促進されるので機能も高まります。では、実際に肝臓に効果があるといってもどういった効果がでてくるのか…そこが大事になるとは思いますが、解りやすい例えですがお酒を飲んでも分解されることで二日酔いをしにくくなります。

 

もちろん肝臓だけではなく、内臓全体にも効果を発揮しますし、肌などにとっても効果を期待することができます。そもそも、肝機能を向上させることで、むくみなどにも効果がありますので効果が連鎖するでしょう。

 

年齢を重ねるとコエンザイムQ10の生成が減少しますので、サプリメントなどでサポートをしながら身体に直接取り入れるようにしましょう。また、最近では還元型コエンザイムQ10というものがあり、摂取することで身体に直接吸収してくれるというものが主流となっていますので、効果も早めに期待できるはずです。

 

ドリンクタイプや錠剤タイプなど様々ですが、お酒を飲みに行く前に軽く摂取してみることをオススメします。

 

女性用サプリメントで女性の頻尿対策

 

頻尿を対策するサプリメントというのは非常に多く存在していますが、女性用として成分を配合されているサプリメントも存在しています。女性特有の原因による頻尿と、それを改善するためのサプリメントについて説明します。

 

女性の頻尿の原因とは
頻尿というと高齢者というイメージがありますが、高齢者だけではなく若い方でも頻尿を含めた排尿トラブルに悩んでいるという方は多いです。

 

トイレに何度も行くので、常にトイレの位置を確認してしまう。夜中に起きてトイレに行くので寝不足だ、咳やくしゃみのタイミングで尿が漏れてしまうなどの悩みがあるという方はすくなくないでしょう。

 

これらの排尿トラブルの原因というのは人によって異なりますが、女性の場合は主に過活動膀胱や骨盤底筋のゆるみであることが多いです。

 

過活動膀胱とは
これは膀胱の異常な収縮によって突然、強い尿意を感じるという症状になります。本来であれば、膀胱というのは尿をしっかりと蓄積させるように尿の量に合わせて筋肉が収縮しますが、過活動膀胱になってしまうと、尿が少ししか蓄積されずに頻繁にトイレに行きたくなってしまいます。

 

骨盤底筋の緩みとは
これは加齢や妊娠、出産などによって骨盤底筋が緩んでしまいます。この骨盤底筋がゆるんでしまうことによって尿を我慢するという力が弱くなってしまい、頻尿になったり尿漏れを引き起こしてしまうこともあります。出産が終わればすぐに回復しますが、個人差があり何年も治らないという方もいます。

 

もちろんこういった症状があれば泌尿器科で診て貰うことが一番ですが、まだ気にする程度じゃないという症状が弱い場合はサプリメントで改善を図ってみてはいかがでしょうか。ノコギリヤシを始めペボカボチャ種子エキスやイソサミジンを成分としたサプリメントが人気です。

 

頻尿に効くサプリランキング最新情報